ポリマークリップ

ホーム > 製品 > 樹脂クリップ

ライゲーションクリップを定義する

ライゲーションクリップを定義する

結紮クリップは、通常、ステンレス鋼またはチタンまたはポリマー材料で作られており、バネ式またはヒンジ式にすることができます。 さらに、結紮クリップは、硬化療法の針との併用療法で利用することができ、医師が繁栄した処置を保証するために装置を使用することを選択しているため、硬化治療針のセグメント開発を助ける。 さらに、治療法の成功を確実にするために医師がデバイスを併用することを選択しているため、硬化治療用針との併用療法で使用することもできます。 他の滅菌技術とは対照的に、Filshie Clipは卵管の最小量に影響を与え、したがって繁殖の逆転の機会を増加させる。 理想的には、ライゲーションクリップを狭窄部全体に挿入し、両側に等しい量のチューブを残す。

制品の詳細

結紮クリップは、通常、ステンレス鋼またはチタンまたはポリマー材料で作られており、バネ式またはヒンジ式にすることができます。 さらに、結紮クリップは、硬化療法の針との併用療法で利用することができ、医師が繁栄した処置を保証するために装置を使用することを選択しているため、硬化治療針のセグメント開発を助ける。 さらに、治療法の成功を確実にするために医師がデバイスを併用することを選択しているため、硬化治療用針との併用療法で使用することもできます。 他の滅菌技術とは対照的に、Filshie Clipは卵管の最小量に影響を与え、したがって繁殖の逆転の機会を増加させる。 理想的には、ライゲーションクリップを狭窄部全体に挿入し、両側に等しい量のチューブを残す。

hjsd.jpg

いくつかの卵管結紮は可逆的であり得るが、逆転は頻繁に仕事をしない。 卵管結紮と精管切除は時折逆転することがありますが、どちらの処置も子供を預ける能力の永久的な終わりとみなされるべきです。 手術前に、女性は麻酔と手術の危険性に加えて、卵管結紮の永続的性質を理解することが重要です。 女性が彼女の選択について不確かな場合には、結紮結紮は延期されるべきである。 現在、腹腔鏡下の卵管結紮は非妊娠女性の女性滅菌の最も一般的な技術となっている。 目的結膜結紮は、将来の妊娠を止めたい女性で行われます。

管結紮は帝王切開で行うことができます。 また、女性の月経周期を変えたり、閉経を引き起こすことはありません。 クリップを用いた管結紮は、妊娠を避けるために行われる女性滅菌のプロセスです。

hsdsa.jpg

このチューブの残りの部分は、正常な再吻合のために適切であると考えられている。 卵管は時折解剖されることがありますが、妊娠を保証することはできません。 ファローピウス管も同様に完全に取り外すことができる。

卵管滅菌とも呼ばれる女性の滅菌は、恒久的な避妊薬であるため、莫大な決定です。 手術の種類に応じて、手術室や診療室で行うことができます。 無菌滅菌はすぐには有効ではありません。 膀胱鏡検査膀胱鏡滅菌は表皮に切開を必要としない。

mdfdfgh.jpg

処置が終わったら、あなたのヘルスケアプロバイダーがあなたの腹部の小さな切開をステッチングします。 それは一般に約30分かかります。 滅菌手順にはいくつかの独自の形態があります。 あなたが滅菌手技を所有していて、手術後に頭が変わった場合は、手術をしてこれをやり直すことができます。また、妊娠を助けるための補助的な生殖技術を使用することもできます。

このプロセスは時折可逆的ですが、永続的かつ不可逆的であると考える必要があります。 約5〜10分かかります。 これは永久的なものであり、元に戻すことはできません。 男性のためのプロセスは、精管切除術として知られています。 局所麻酔と鎮静を使用して医師の診療室で行うことができます。 心臓カテーテル法も治療の代替手段となり得る。


我々は、プロの中国の医療定義ライゲーションクリップメーカーの一つです。 あなたは私たちの工場から中国で作られた安価な定義結紮クリップをインポートすることを歓迎されています。
Hot Tags: 結紮クリップを定義する、中国、メーカー、工場、格安、医療、中国製
関連商品
引き合い