ポリマークリップ

ホーム > 製品 > 樹脂クリップ

使い捨てポリマーライゲーションクリップ

使い捨てポリマーライゲーションクリップ

結紮クリップは、手術中に血管または組織を結紮するために使用される。 自動結紮クランプは、中型の大きな非吸収性ポリマーライゲーションクランプ伝達装置です。

制品の詳細

結紮クリップは、手術中に血管または組織を結紮するために使用される。 自動結紮クランプは、中型の大きな非吸収性ポリマーライゲーションクランプ伝達装置です。

ライゲーションクリップは通常3〜5日以内に準備されます。 このクリップは、腎血管に余分なセキュリティを提供できるロック機構の利点があります。 外科用クリップは、多くの外科的処置において長時間使用され、それらは能力および有効性が実証されている。 結紮クリップはまた、クランプに接触し、真に安全と感じることがある。 必要に応じて船を閉塞するために追加の地平線クリップを利用することができる。

このクリップは、腎血管に余分なセキュリティを提供できるロック機構の利点があります。 外科用クリップは、外科的処置の選択において長時間使用され、それらは能力および有効性が実証されている。

hjsd

フィッシャークリップが身体の別の部分に移動する場合、それを根絶するために侵襲的手術がしばしば重要です。 止血クリップは、手術で少なくとも60年以上使用されています。 非吸収性ポリグリコール酸クリップもまた使用され得る。

グローバル非吸収性ポリマー結紮クリップ市場は、現在の数十年後のセクターにおいて発展している市場である。手術クリップは、外科的処置の選択において長時間使用され、それらは能力および有効性が証明されている。

ヘムO Lokクリップ腎切除

しかし、結紮クリップでは、物事は少し異なります。 裾のロッククリップは、外科医が利用できるいくつかの可能な技術のうちの1つに過ぎない。 クリップが意図したものとは異なる何かのために実際に使用されている可能性があると結論づけるのは難しいことではありません。 あまりにも遠くない将来のどこかでクリップが市場に出されると考えられているので、クリップを起動しないという選択肢は考慮されていません。 これらのクリップの素晴らしい点は、シンプルであることです.Hem-o-lokクリップには、2本のアームの間に小さなスペースを残すように意図的に設計された角度のついたアームがあり、

hjsdds

遅れて診断された尿管損傷を有するほとんどすべての患者は、初期の内視鏡的方法によって管理されるべきである。 これらの結果は、現在の研究の患者数が少ないためであろう。 手術後のすべての不適切な結果が過失によって引き起こされるわけではありません。 重大な合併症は発生しなかった。 現在の研究では、最も頻繁に遭遇する合併症は腹腔内服薬であった。 結果として、すべての患者が病院に入室し、光ファイバー結腸内視鏡を行うことができた。 したがって、外科医はクリップの移動の機会に注意を払わなければならない。

ヘモロッククリップアプリケータ

これらのマイクロクリップは、血管上で処置を行う際に血流を止める極めて簡単で安全なプロセスを提供する。 さらに、ダブルクリップは、腹腔内癒着のリスクを高める可能性がある。 とにかく、ヘムオロククリップは他の操作で利用することが安全です2。 結果として、裾野クリップがより大きなサイズで作成される場合、虫垂基部の幅はもはや懸念されない。 虫垂根直径のために3例には使用されなかった。 一般に、外科医は必要に応じて追加の縫合糸張力を加えることができる。

mdfdfgh

さらに、Hem-o-lokクリップの使用は、逆行性虫垂切除術において有益であり、かなりの学習曲線を示さない。

膀胱尿道吻合は、クリップの移動の可能性のあるウェブサイトを表しています。この例では、ステープラーが虫垂断端の安全な閉鎖に使用されるべきだと考えています。 ブルドッグクランプは、特定の目的の器官への血流を止める有益な手段です。

現在の研究では、最も頻繁に遭遇する合併症は腹腔内服薬であった。 腹腔鏡下胆嚢摘出術においてHem-o-lokクリップを使用することに関連した特別な合併症はなかった。


我々は、プロの中国の医療使い捨てポリマー結紮クリップのメーカーの一つです。 あなたは私たちの工場から中国で作られた安価な使い捨てポリマー結紮クリップをインポートすることを歓迎されています。
Hot Tags: 使い捨てポリマー結紮クリップ、中国、メーカー、工場、安い、医療、中国製
関連商品
引き合い