樹脂クリップ

ホーム > 製品 > 樹脂クリップ

内視鏡 Hemoclip

内視鏡 Hemoclip

Weck 手術器具結紮クリップ、本当に耐久性。完璧なアプローチをイメージングは知られていません。十分な主な治療後、緊急内視鏡検査が行われます。

制品の詳細

内視鏡バンド結紮がマロリー ・ ワイス涙の出血を治療するために動作するように証明されました。内視鏡的に止血内視鏡直視下で行われるべきであります。非常に低い pH 環境で血小板は、その機能を失うことができる、ペプシン、さらに出血につながる血栓を溶解できます。

 

クリッピング ハードまたは深刻な止血を達成するために brotic 病変はより困難かもしれない。場合に、潰瘍は非常に大きいと、過去のクリップの幅は、我々 は、hemoclip によって止血を達成することはできません。無作為化比較試験を実施することができる、ミシン目の多くが発生する必要があります。今日では、学際的な協同と食道穿孔に対処することが可能です。大量出血は、非常に最初の内視鏡的クリッピング術後 2 日赤を発生します。ガジェットの使用方法から合併症はありませんでした。を介してスコープと以上のスコープ システムの使用と接続されている任意の合併症はなかったより多くの研究する必要があります適応とそれらに関連する安全確認してください。

 1414d09bac36fcbecfba2e750a161f11

止血剤を利用して、クリップが開けにくかった。それは除去のため再オープンされません可能性があります。内視鏡用クリップ、止血関連動脈と潰瘍の出血などに活用一般的。スコープ クリップ、縫合デバイスは通常大きな穴開けに予約されています。第二に、クリップは、業界で最も重要なスパン医師は、1 つのクリップで大規模な出血領域をカバーできます。本能のクリップを追加の手順を完了する使用されました。

 

内視鏡からクリップの開閉は非常に難しかった。危険性の低い聖痕 (きれいに基づく潰瘍またはおそらく潰瘍ベッド内色素スポット) を持つ個人通常内視鏡的治療を必要としません。さらに、クリップの摘出、止血、またはその他の形態のいくつかの種類は、生分解性材料から作成されます。

 

Hemoclip mri の安全性

 

までに、MRI の検査を受けた止血クリップのない患者の負傷や MRI に関連する他の問題をされています。しかし、今日、いくつかの新しい止血クリップは MRI の手順紹介患者の潜在的な問題を提示します。これらのクリップを持つ患者は、MRI の安全な使用を確保するための特別な注意を必要と.場合によっては、MRI は安全でないとみなされます。他では、待機期間が必要とクリップが存在する場合、またはない MRI を実行する前に決定する x 線を検査する必要があります。MRI 関連特定をラベル付け前 MRI スクリーニング プロシージャの間にさらに注意が必要な止血クリップは、次のステートメント。

 hjsdds

長いクリップ HX-600-090 L (オリンパスメディカルシス テムズ) は、胃腸内視鏡のマーキング、止血、または 20 mm 以内で消化管内腔穿孔の閉鎖を目的として内配置の補正法として示されます。現在、長いクリップ HX-600-090 L ラベルは「行わない MRI 手順クリップ内の消化管配置を持っている患者に。これかもしれない患者に有害であります。追加情報: オリンパス内視鏡クリップは平均 9.4 日患者に残ること示されているが、保持さまざまな要素に基づいており、長期間の保存があります。MRI 前に医師は消化管に残留のクリップはありませんを確認してください。確認: 1 の次の方法を使用できます。放射線イメージングの下で病変を表示します。オリンパス クリップ固定デバイスは、放射線不透過性。X 線を使用すると、医師は任意の残留のクリップは、消化管を判断できます。放射線イメージングの下で明白であるクリップしない場合、MRI を達成する可能性があります。内視鏡病変を調べます。病変部にクリップが残っていない場合は MRI を達成する可能性があります。

 

オリンパス hemoclip

 

1 モデルは、アプリケーターを変えないでシリーズで 3 つのクリップを使用する能力を持っています。その結果、リロードの費用対効果と使い捨てシステムは考慮されなければなりません。血管クリップを用いた術後出血を防止するために有用であると表示されます。したがって、TriClip は MRI の安全と見なされるべきであります。

 

ポリープは、BGH を象徴すると考えられていた。無作為化比較試験を実施することができる、ミシン目の多くが発生する必要があります。ローカライズされたアクティブな動脈で、隣接する 4 に加え出血の分野で主要な注入療法の出血は、出血の活動を軽減する優れたシステムを提供しています。今、血管クリップを用いたと我々 の患者の治療にしました。

 idsdsasa

ローカライズされたアクティブな動脈出血、出血に加え 4 つの隣接する象限のロケールのプライマリ注入療法は出血活動を軽減するために良い方法を提供します。これは患者に損傷する可能性があります。これらのクリップを持つ患者では、MRI を安全に使用していることを確認する特別な注意必要があります。したがって、大きな、ブラインド、多施設共同前向き研究はより多くの調査に必要です。血管クリップを用いた有効性を評価する研究に大きい人口を持つ追加の調査が必要です。

 

クリップは、出血部位の両側に容器を閉じるに利用されています。スコープ クリップ、縫合デバイスは一般に大きな穿孔のため予約されています。バンドは少し潰瘍を離れる日のカップルの後落ちる。ゴムバンドは、外側のリングの前にある内側の金属リングに配置されます。総合ソリューションは、若い段階で評価されるべきであります。後一日か二日、壊死領域、外れるレベル潰瘍を残してします。

 

スコープ クリップのような大きなクリップでの課題は、彼らは時々、体内にとどまるです。臨床経験は、複数のクリップが頻繁に重要なことを示しています。

 

臨床練習の少なくとも 10 数十年の熟練した内視鏡看護師支援を行いました。消化管出血で Hemoclip アプリケーションは、有効であること実証されています。しかし、それは不明かどうか簡単な内視鏡的方法が採用されているこのような状況で。ただし、いくつかのインスタンスで、従来の方法の大半は出血を逮捕しません。

 mdfdfgh

様々 な止血血管クリップ、クリップ、ファスナー、およびステープルの磁場の相互作用の評価の他の型は、3 テスラの MR システムの静的な磁場に惹かれまたは少なくありませんでした。これらのインプラントは、タンタル、工業用純チタンおよびステンレス鋼の磁性など磁性材料からなされました。また、クリップの摘出、止血、またはその他の種類のいくつかのフォームは、生分解性材料から作られています。したがって、非磁性から作られたインプラントまたはリストに記載されている「弱く」磁性材料がある患者は氏のプロシージャの間に傷害の危険ではないです。重要なは、これまでテストされているデバイス、止血血管クリップ、クリップ、ファスナー、または MR 環境に関連付けられている主食の他のタイプとの関連付けの患者への損傷のレポートがないがあった。磁性のバージョンこれらのインプラントの患者は、彼らが表示されます後すぐに氏プロシージャを受ける可能性があります。

 

血管には、クリップや関連するアーティファクトのためイメージング氏の問題を示す可能性があります適用ねじ類頻繁あります。ヴァイスハウプト et al. (2000) には、氏については、18 の異なる市販止血とライゲーティング クリップと同様、三次元 MR 血管造影上のサイズのアイテムが評価されます。すべてのクリップが許容または 1.5 テスラで安全なこれらのインプラントの測定ない実質的な磁場の相互作用や暖房があった限り。


私たちはプロの中国医療内視鏡 hemoclip メーカーの一つです。当社の工場から中国製格安内視鏡 hemoclip をインポートするのには歓迎しています。
Hot Tags: 内視鏡 hemoclip、中国、メーカー、工場、医療、安い、中国製
関連商品
引き合い